初心者なら投資のセミナーに出向いて知識を得よう

はじめるためには

チャート

海外FXをはじめたいと思った場合には業者選びが重要です。海外FXといっても、その業者の数は多くあり、その中には問題のある業者も多く見られます。特に日本人向けに対応していない業者は送金面で、トラブルとなる可能性があるため避けた方が無難です。一方で日本人向けであっても必ずしも安心できる海外FX業者であるとは限りませんから、事前に評判の良い業者を選ぶことが大切です。少なくとも海外FX業者では日本人向けにサービスを展開しており、信託保全制度など業者が倒産した場合でも預けた証拠金が保護される仕組みを採用しているところ選ぶことが重要です。その上でレバレッジやゼロカットシステムなどの有無を比較することが重要です。海外FX業者であるからといって口座開設が難しいというわけではありません。国内FX業者と同様に簡単に口座開設が可能です。基本的な海外FXでの口座開設の流れとしては必要事項を記入し、本人確認書類と住所証明書類の2種類をデジカメなどで撮影したデータを送付するだけです。日本の口座開設と異なるところは住所証明書類が必要なことです。国内FX業者の場合には、本人確認書類のみで住所確認に関しては郵送によって行うのが一般的ですが、海外FX業者ではそれが出来ないので住所証明書類を求めています。また日本では運転免許証が身分証明書として扱われていますが、海外FXでは業者の一部は運転免許証よりもパスポートが重視される傾向にあります。